2014年10月31日金曜日

ヒイロチャワンタケ

先日の27日、ヒイロチャワンタケの群生に出会った。
何てことはなく珍しいきのこではないが、そのうち出会ったら胞子を覗いてみたいと思っていた。

どれを採取しようか選り取りみどりで、こんな発生の仕方を見たのは始めてだった。
ブルドーザーの通った跡らしく、タイヤ(キャタピラ?)に押しつぶされ胞子が拡散され
こんなに発生したのかもしれない。

下はヒイロチャワンタケの胞子。

輪郭に焦点を合わせている。

下は胞子表面の網目に焦点を合わせている。

Discinaだと、表面の網目はKOHで溶けてしまったりするが、このきのこの胞子表面はKOHでマウントしても溶けない。

追記
スイスの菌類図鑑を見るとAleuria aurantiaの胞子サイズは14-16×10μmとなっている。
California Fungiでは16-21 x 10-11 μmとなっている。
短径の方・・・10μmあるのかな?と胞子サイズを計測してみた。
突出している網目部分を除いて13.5-16.0× 7.5-8.9μm(n=50)
スイスの菌類図鑑の方は網目を除いての計測、
California Fungiは網目を入れての計測なのかよくわからない。
環境などで胞子サイズに若干の差異があるのだろうか・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿