2015年2月27日金曜日

同定間違い

 きのこは時々、今日のおかずの一品にしようと持ち帰ることがある。
私にとってキナメツムタケなどはキノコ狩りの対象の一つで状態の良いものが見つかれば
持ち帰ったりしている。
3年前のこと、キナメが出始める前で、チャナメがあちこちに群生していたので今夜の味噌汁にしようとチャナメを採取し持ち帰った。ところが作った味噌汁を口にした途端「違う」「おかしい」とその味噌汁を捨てたことがある。
 下の写真のきのこを採取してしまったのだと思う。
たぶん鱗片は取れてしまったのだろうと現場では疑いもしなかった。写真を撮った時もチャナメと思っていた。チャナメは発生する環境で味も違うのかな?なんて思っていた。

今日はたまたまPholiotaの画像を見ていて、「あれ? んーっ!?」。
もしかして、これあの時のと同じでない?と思ったのが
下記URLのきのこ
http://www.hlasek.com/pholiota_mixta1en.html

上の写真のきのこは、もしかしたらPholiota mixtaというきのこなのかもしれない。

-------------追記---------------

上の画像の2年前にも同様のきのこ

下は少し離れていた場所に出ていたチャナメツムタケ


4 件のコメント:

  1. ニヴァリスさん、ご無沙汰してます。私はもっぱら食べるキノコのためだけに毎週山を歩いていますので、聞き捨てならない投稿です。
    http://www.hlasek.com/pholiota_mixta1en.html
    はどう見てもチャナメツムタケですよね。鑑別点は何でしょうか。食毒は分かっているのでしょうか。また、味はどう違っていたのでしょうか。

    返信削除
  2. ヒラタケさん ご無沙汰しています。

    そのURL先の画像がPholiota mixtaであるという確証がないので、私が投稿した画像が果たしてチャナメではない、と言い切れないのがもどかしいところです。
    ただ、その2年前にも同じ圏内で同様のキノコを撮っていました(追記画像)。
    鑑別点は
    全体に傘色が薄く傘の鱗片がなく非常に粘性強く、筋のようなシミがある・・・としか言えません。
    味は苦味とかエグ味はなくたぶんマイルドなのかもしれませんが、口に入れた時の臭いというのか、クセが強かったです。埃臭さとか薬品臭さといのではなく・・・なんというか・・・。
    クセのないナメコに比べるとチャナメは野生的な味がすると言われていますが、野生の趣を超え食するには不快に近いというかそんな感じで・・・。表現が下手でゴメンナサイ。
    食毒についてはわかりません。

    返信削除
  3. ニヴァリスさん、情報ありがとうございました。確かにニヴァリスさんの写真のキノコは色が薄いし鱗片が見えませんが、チャナメは成長に伴って色が薄くなりますし鱗片も消えて行きますので、個体差の範囲内のようにも思えます。チャナメの味というか香りはマイルドなものからナメコ臭のきついものまでありますので、私がこれまでに食したチャナメの中にも同じキノコがあった可能性があります。一方で、Pholiota mixtaはチャナメのシノムスの可能性はないのかという疑問もあります。でも別の学名が付いているということは鑑別点があるということですよね。いずれにしましても今年は少し注意を払ってみようと思います。

    返信削除
  4. ヒラタケさん、コメントありがとうございます。
    Pholiota mixtaはチャナメ(Pholiota lubrica)のシノニムではないので、明瞭な相違点があるのだと思います。けれど胞子の大きさはほぼ同じ、シスチジアの大きさが若干違うみたいなのですが詳細はつかめません。私も今年は少し注意を払い、私が採取したことのあるその子実体がチャナメなのか違うのか、P. mixtaとチャナメとの違いを掴めたらと思っています。

    返信削除