2015年8月24日月曜日

何属?

適度に雨が降り、色んなきのこが出ているんじゃないかと思いつつも
腰痛のため北海道キノコの会の観察会は出かけなかった。

先日、この時とばかり3日間連続で歩き回り股関節に異様なだるさを感じた翌朝のこと
起き上がることも寝返りを打つことも出来ないほどの腰痛に見舞われた。
やっと通常と変わらず起き上がれるようになり、靴下も難なく履けるようになったものの
時折ズキっと痛みが走るので、まだ無理は禁物かと遠出は避けた。
でも、このきのこシーズン本番に出掛けられないなんて・・・と思うと「行きたい、行きたい」虫が騒ぎだし、「近くなら」と出かけてみた。

某神社の境内の草地に見慣れないきのこが発生していた。
 
下は近くにあった老菌。

きのこを手に取ると全体が脆いきのこで、特に柄はすぐにポキッと折れてしまうほど脆い。
ヒダは最初類白色で次第に灰色になり、パッと見、Entolomaだろうと疑いもしなかった。しかしカメラを向けると傘の上や葉っぱに白い胞子が落ちている。「えっ?」と見直すと、やはり胞子は白色。
何属のきのこだろう?

検鏡してみると、傘表皮菌糸は匍匐性、担子器は4胞子性で縁や側にシスチジアは見られない。
胞子紋は白色、楕円形。未計測。シメジ属のきのこなんだろうか?

下はメルツァーでマウント

手持ちの図鑑類にLyophyllum に似たきのこは載っていない。
そのうちでも分かれば良いのだけれど・・・。

2 件のコメント:

  1. あまり無理をしないように。
    と言いつつ私も2日前の疲れが出てほとんど回らないで
    人が採って来たのを見ていました。
    お互い無理は禁物かな(笑)
    早く腰痛が治るといいですね。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、ご心配頂きありがとうございます。

      観察会などでは、案外奥に入らなくても「これはっ」って思うきのこも見つかることアリですよね。
      それに皆さんが採ってきたきのこを見て感心したり、色んなきのこが見られるだけでも楽しいですよね。
       疲れているときは、後から無理がたたるってこともありますし、回復力が若い頃と違いますし(T T).。
      無理をせず、きのこを楽しんでいきましょう!

      削除