2016年6月24日金曜日

狂い咲き?

 何日か前に、ヤマドリタケがもう出ているなんて情報が入っていた。まだ6月なのにと思いつつ、もしかしたらS川市もモドキが出ているかもと気になっていた。S川市では毎年7月の下旬頃から色んなキノコが出始めるけど、今時期はいつだってサッパリなんだよね。
 でもまぁ、運が良ければツエタケにも出会えるかもしれないし、確認してくるつもりで 行ってみた。やはり「サッパリ出ていなかった」だった。流れかけたヤマイグチ3個とくたびれたベニタケ属のきのこがいくつか。そうそう、こんなのがあった。
 オツネンタケモドキのように管孔は微細、でも黒すぎる。
 こんなに黒いオツネンタケモドキもあるんだろうか?

お隣の市の某公園に行くと今年初めての草刈りだったのか下草がぼうぼうに伸びていた。、草刈り作業の邪魔にならないように歩くと、ここでもきのこは出ているとは言い難かった。下草がぼうぼうに伸びているそんな草むらに「あっ!」と見つけたきのこがあった。
傘径は7~8㎝あり、最初Agaricus augustusかと思ってしまった。
でも、そんな期待はすぐに裏切られた。
スギタケ?
スギタケってこんなに鱗片がモサモサだったっけ?
すぐそばに、こんなのも出ていた。
これ、ハタケシメジだよね・・・
こんな時期から出るきのこだった?
スギタケもハタケシメジも、もしかしたら狂い咲きしている?
 もう一つ寄った場所では殆ど何もない状態だった。今時期はきのこの少ない時期なんだよね、と自分に言い聞かせながら 帰路についた。T町に入り間もなくSさんから電話が入った。「S公園に来てください,ヤマドリタケがボコボコ出ています」と、ちょうどS公園の近くを走っていたので、2~3分でS公園に着いた。Sさんの言うように幼菌がいくつもあり大きく開いたものもあった。何だか灯台下暗しの感がした。

ここではこんなのもあった。
ユキワリ
それと今時期に?
色もあせ流れかけているけれど
普通、秋から晩秋に出ているきのこだよねぇ・・・
ユキワリとベニテングタケが同時に出ているなんて、やはり、ちょっと狂い咲きしてるんじゃないかなぁ・・・ 。

0 件のコメント:

コメントを投稿