2016年6月10日金曜日

M公園

 昨年、お気に入りのフィールドが一つ無くなり代替えとなる場所を見つけなくっちゃと思っていた。M公園は前々から気になっていたが、かなり整備されている印象があり今一つ足を踏み入れる気がしなかった。しかし、わが家から車で15分程度の距離はかなり魅力的。


外側から見るとそれほど大きな公園には見えなかったが中に入るとかなり広く(後から調べてみると公園は約189万㎡)、林と言える場所は全体の0.5~1割くらいであろうか、それでも 桜を初め樹種が豊富なのには驚いた。

きのこを探しながら写真を撮ったりしていたら、とても1日では回りきれるところではないようだ。
今は、まだシーズン最盛期ではないので、最盛期にはいったいどんなきのこが見られるだろうか
アタリかハズレかそんなことを思いながら林の中を歩いた。

エゾ松林では フミヅキタケが出ていた。

フミヅキタケのそばに何やら小さなきのこも出ていた。

何だろうと手に取ってみると見たことあるようなないような・・・
どうやらチャムクエタケモドキらしい。

広葉樹林では、ところどころイタチタケが群生していた。

これは何?
(ユキワリかと思う。名前からして春先のきのこのように思っていたけれど、
天候が不順とはいえ初夏にも出ているんだね・・・)

今シーズン初のベニタケ属を見た。

おまけ
 コウリンタンポポを見ると草原って感じがする。
 今年は、このM公園に足しげく通うことになるかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿