2016年9月14日水曜日

久しぶりの投稿

昨日、今日ときのこ採集に出かけていた。

昨日初めてイヌムラサキシメジに出会った。
この紫色、のちに退色するらしい。胞子の形態に違いがあるものの、成菌の外観は図鑑なんかを見ると他のカヤタケなどのきのこと区別が難しいみたい。

下のきのこは、タカネイタチタケ。

もう少し湿気があれば、傘は淡いワイン色を 呈している。ピンクっぽいヒダを見たとき、一瞬
Entoloma?と首を傾げたが、Entoloma のピンク色とは違っていて、こちらは桃灰色という感じ。家に帰って来てヒダを少し切り取って顕微鏡でシスチジアを見た。やはり、タカネイタチタケだった。

下は以前F氏から送られたタカネイタチタケを検鏡した時の線画



  今日はフウセンタケを採集したが、名前がありそうなのに見つけられない。



それと下のフウセンタケは10日前に行った時の幼菌を撮ったもの
で、今日同じ種を撮った。
幼菌と成菌では、全然違う。きっと、図鑑の1枚の画像のみで絵合わせしようなんて
フウセンタケ属の場合、無理があるんだろうな・・・と思う。

下の画像は、よく見かけているキノコ
これも名前があるんだろうと思っていたが、日本ではまだ未報告のようだ。
Lactarius lacunarum
乳液は白色から黄色に変わる

やっちゃいけないかな・・・と思いつつ、Boletus spだとどのBoletusを言っているのかわからない。個人的に「ウツロイヤマドリタケ」なんて名前を付けて、他のヤマドリタケと区別することにした。

2 件のコメント:

  1. 最近猫好きになりました。2016年9月21日 22:05

    こんにちは。
    興味深いキノコを見せていただきありがとうございます。
    イヌムラサキシメジは”なるほど”です。
    図鑑を見ていてしっくりきていませんでした。
    タカネイタチタケは”これこれ”今までスルーしていたキノコでスッキリ。
    Lactariusに関しては今までこれがキチチタケで傘が薄いのがキチチタケの近縁種かなと
    勘違いしていました。
    ウツイロヤマドリタケはなるほど紫色ならムラサキヤマドリタケにしてしまいますね。
    勉強になりました。

    返信削除
    返信
    1. 「最近猫好きになりました。」さん
      コメントありがとうございます。
      ワンコも可愛いけど、ニャンコも可愛いですよねぇ。
      今度、名前聞かせてくださいね。
      (聞いていて、忘れているかも・・・そうだったらゴメンナサイ)

      ウツイロじゃなくてウツロイ・・・です^ ^;。
      このキノコ、岩見沢でも何年か前に見かけているんですよね。
      北海道の中央部あたりだけなんでしょうか・・・?

      いよいよきのこシーズンもあと1ヵ月
      ラストスパートですね。

      削除