2017年6月9日金曜日

サケツバタケ

 M公園の一角にウッドチップの散策路がある。昨年、その散策路を歩き、フミズキタケやツバナシフミズキタケが群生しているのにも驚いたが、サケツバタケがあちこちに蹴とばされ転がっていた。
今年はどうだろうか見に行くと、相変わらずあちこちで踏みつけられていた。

きのこ嫌いの仕業だよねぇ 
何もここまでしなくたって・・・まるで敵視してるとしか思えない
 それでも、草むらに生えているのには気付かれず、ひっそりと出ているのもあった。
  
 しばらく歩くと、昨年もサケツバタケなんだろうかと思っていた きのこに出会った。サケツバタケって傘の色は小豆色っぽい色をしているが、これは黄土褐色。 これまで見かけたことのあるキサケツバタケは、もう少し綺麗な黄色をしていてスレンダーな感じだったので、キサケツバタケとするにはどうも違和感がある。
 このきのこを持ち帰り、ちょこっと検鏡してみた。
胞子は水でマウントするとこんな色

 KOHでマウントすると茶褐色に変わる
 スイスの菌類図鑑のStropharia rugosoannulata(サケツバタケ)を見てみると、どうも胞子の形状が若干違い(スイスの菌類図鑑は一回り小振りで少しプックリしている)。サケツバタケとは別種なんだろうかと日本新菌類図鑑を見てみると、サイズ的には範疇に入っている。はてさて、キサケツバタケなんだろうか・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿