2017年6月30日金曜日

Pluteus sp

 下草がぼうぼうと生い茂った防風林に入るには、かなりの勇気がいる。それが先日、一部の下草が刈られていて、これなら!と入ってみた。もしかしたら、ツバナシヤナギマツタケ(青木仮称)があるかもしれないと思ったのだ。・・・が、なかった。
 あったのはキイロウラベニガサ・ウラベニガサ・スギタケ・コキララタケ・キララタケ・イタチタケ、それとヒメアジロガサモドキと思われるきのこ、アラゲコベニチャワンタケぐらいだった。
 横目でウラベニガサを見て通り過ぎたものの、引き返し、どうしたものか少し考えた。ウラベニガサと思っているけど、本当にウラベニガサなんだろうか・・・本家ウラベニガサは、これだ!ってのを実は知らない。持って帰るべきか迷った。
持ち帰るなら、写真が必要だよね。

 顕微鏡で覗いてみると、側シスチジアがいっぱい
胞子

(6.2)6.6-7.6(9.1)×(4.6)5.1- 5.8(6.8)μm 
胞子を見ただけでは、ウラベニガサなのかどうか分からない
傘表皮の菌糸の先端を見ると

 先端の菌糸が太くなっていない 。ここで、本家のウラベニガサではないことが分かった。
では何だろう?
 スイスの菌類図鑑を見ると、傘表皮菌糸の先端が太くならないものに、
Pluteus brunneoradiatus(カサスジウラベニガサ)とPluteus primusがある。最初P.primusの方ではないかと思ったが、どうも担子器の形態が違っているように見える。
では、カサスジウラベニガサか?
どうも、傘に筋があるようには見えないし・・・
シスチジアの線画を描いてみた。
側シスチジアの方は、規格外と言えるようなものも入っているけど、切片1枚に1個くらい超太が入っている。ウラベニガサの仲間のきのこには普通、超太は入っていないのだろうか、それとも規格外として入れないのだろうか・・・?・・・何だか余計分からなくなってしまった。
 担子器やシスチジアの計測をしていないせいもあるが、胞子サイズにしても、どうも、今一つピンとこないし・・・。まぁ、ウラベニガサ(Pluteus cervinus)ではないということが分かり、おいおい調べてみようと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿