2018年6月15日金曜日

クリソシスチジアではない

 昨日のM公園のサケツバタケの幼菌(写真なし)、半分に割るとヒダが薄紫灰色になっていたのでチョコッと顕微鏡で覗いてみた。

こん棒形や嚢状のシスチジアは多数見られ、突起のあるシスチジアだけではない。KOHでもアンモニアでも探してみたけれど変色しているものはなかった。アンモニアでマウントしたもので一部褐色になっているけれど、これは組織の向こう側にくっついている胞子がぼんやりと褐色に写っているだけ。やはり、サケツバタケのシスチジアがクリソシスチジアとするには疑問。
 それとも、サケツバタケと思っていた種が、サケツバタケではない、そんな可能性もあるのかな・・・?

 下は同地域で昨年撮ったサケツバタケの写真。


2018年6月14日木曜日

キオキナタケ?

 きょうも肌寒い一日だった。3日ぶりに晴れ間が見えたので、もしかしたらサケツバタケが出ているかもしれないと、M公園に行ってみた。車から降りると風が強く、体感温度は低く、ただただ寒かった。ここ数日暖房を入れたが、6月に入って暖房を入れたという記憶は無く、今年は特別寒いのではないだろうか。石北峠では雪が降ったという話も聞かれた。明日辺りから、やっと少しづつ暖かくなるみたい・・・。
 M公園で、サケツバタケは小さな幼菌1本だけだった。それと、シワナシキオキナタケではないよな・・・何だろうと思うきのこに出会った。


 キオキナタケかな・・・?

2018年6月12日火曜日

サケツバタケ類似種

 6月に入って間もなく、M公園のウッドチップ散策路を歩いてみた。フミズキタケが出ていていたので、もしかしたらあのサケツバタケ似のきのこも出ているんじゃないかと探してみた。1個だけ出ていた(たぶん中旬頃にはもっと出ていると思う)。

家に帰って来てから、Stropharia rugosoannulata f. lutea で検索し、ヒダ縁の一部を切り取り、検鏡してみた(6月4日)。
 Stropharia rugosoannulata f. lutea で検索し、
 http://www.ambmuggia.it/forum/topic/5527-stropharia-rugosoannulata-f-lutea/
を見ると、やはりキサケツバタケなんだろうか・・・と少しがっかりして、胞子紋を取り、子実体を放っておいた。
 そのうち子実体は自然乾燥していた。

 今日は雨降りで、行く当てもなく、ふと原色日本新菌類図鑑(Ⅰp193)を読んでみた。サケツバタケの記載には「縁および側(ともにクリソシスチジア)はこん棒形で頂端には1個の小突起をそなえ…」とある。この時、キサケツバタケがサケツバタケの変異種とされているなら、なぜ嚢状の縁シスチジアのことが書かれていないのだろう…と思った。それに、クリソシスチジア?…フロキシンBで染めているといってもKOHでマウントしているなら、分かるはずだ。フロキシンで染めず、KOH(6%)のみで見てみた。その後アンモニア水(28%)でも見てみた。
  やはり、クリソシスチジアではない。
それとも、私のやり方が間違っているのだろうか?

 スイスの菌類図鑑のサケツバタケを見てみると、シスチジアはKOHで色は変わらないと記載があり、「(クリソシスチジア?)」。と疑問符…。

サケツバタケって本当にクリソシスチジアなんだろうか?

2018年5月7日月曜日

躓き

  数年前に作成した分類表は、もはや分類がかなり変わってきていて、作り直さなければならない。ハラタケ目だけでもやってみようと手掛け始めたが、「ん?」と躓くと、そこからややしばらく前に進めない。

-------------------------------------------

 昨日書いたものは、違うところを見て間違ったことを書いてしまった。
間違いに気づき削除したものの、さらに分からないことにぶち当たり
躓きまくっている。

チョイつぶやき①
 Coprinus の所属を確認しようとMycoBankを見てみるとCoprinaceae になっていて、
一瞬、独立したのかなと思ってしまった。
IndexFungorumを見てみると、こちらはちゃんとAgaricaceaeになっていた。
 たぶん、MycoBankでは近年の変動に追い付いていない、あるいは修正忘れか何かのミスだろうと思うけれど、MycoBankを頼りにしている身としては、なんだかなぁ…と意気消沈。

2018年5月5日土曜日

ムジナタケの学名

ナヨタケ科に変動があるようで
もしかしたら…と、ムジナタケPsathyrella velutinaをMycoBankで見てみた。
現在の学名は、Lacrymaria lacrymabundaとなっていた。
時間のある時に、ゆっくり調べてみたいと思う。

-----------追記------------------

 (前置き…詳しいことは分からないけれども)
現在、ナヨタケ科には14属があり、ハラタケ科にあったクロヒメオニタケ属が2015年にÖrstadius & E. Larss.によってナヨタケ科に移され、更にHomophronTyphrasaという属が設立されている。
 日本にあるのは、キララタケ属、ヒメヒトヨタケ属、クロヒメオニタケ属、タカネイタチタケ属、ムジナタケ属、ヒメヒガサヒトヨタケ属、ナヨタケ属の7属。
 以前、ナヨタケ科に置かれていた Panaeolinaヒメシバフタケ属は、現在科未定となっている。

 
  基準種 基準種和名 国内での属和名
  Coprinellus Coprinellus deliquescens  キララタケ属
  Coprinopsis Coprinopsis friesii  ヒメヒトヨタケ属
Cystoagaricus Cystoagaricus strobilomyces ―                     クロヒメオニタケ属
  Gasteroagaricoides Gasteroagaricoides ralstoniae  
Homophron Homophron spadiceum タカネイタチタケ タカネイタチタケ属
  Hormographiella Hormographiella aspergillata   
  Kauffmania Kauffmania larga   
  Lacrymaria Lacrymaria lacrymabunda  ムジナタケ ムジナタケ属
  Palaeocybe Palaeocybe striata   
  Parasola Parasola plicatilis  ヒメヒガサヒトヨタケ ヒメヒガサヒトヨタケ属
  Psathyrella Psathyrella gracilis ナヨタケ属
  Macrometrula Macrometrula rubriceps   
  Mythicomyces Mythicomyces corneipes  
Typhrasa Typhrasa gossypina  ―                           

上に書き出したものは、現在の属とその基準種。基準種の中で国内既知種は、タカネイタチタケ、ムジナタケ、ヒメヒガサヒトヨタケの3種で、後の4属の属和名は別な既知種から属和名が付けられている。ナヨタケ属の基準種は、てっきりナヨタケ、キララタケ属の基準種はキララタケだと思っていたが、「へ~、違うんだ」と分かった。
 (ムジナタケが、以前からあったLacrymariaに移され、さらに小種名も変わったのはなぜなのかは分かっていない。もしかしたら、有効とした先名権とかがあったのかもしれない…???)

2018年4月20日金曜日

Mycena sp

 昨年、科博に送付した標本の中に、サクライロタケ(Mycena rosea)によく似たきのこがあった。今になって調べておけば良かったと少し後悔している。

 2017年 8月15日撮影
最初、このきのこを見つけた時、「綺麗なサクライロタケ、みっけ」と思った。数本ひっくり返しヒダを見ると、違和感を感じた。

ヒダが密なのだ。 
ヒダの高さも違っている(写真では分かり難いかもしれない)。
乾燥していたわけではないのに、 傘の条線も不明瞭。
  写真を見直していて、標本送付の際にもMycena spとしたけれど、やはりサクライロタケとは別種だよな…と思う。今年も発生してくれるだろうか。今年も同時期にもう一度発生場所に行ってみようと思う。

追記 
 城川四郎著「検証 キノコ新図鑑」p62にミツヒダサクラタケ(仮称)で掲載されている種と同種と思われる。

2018年4月17日火曜日

シロヒナノチャワンタケ

 北海道はこの時期、トガリアミガサタケとかアシボソアミガサタケがやっと顔を出し始めた頃。きのこには期待せず、所用で野幌森林公園に出かけて来た。少し歩くと落葉に埋もれた太さ3~4㎝の落ち枝(腐朽木)に、何やらプチプチと白いものが付いてるのが見えた。多分シロヒナノチャワンタケ属のきのこだろう。落ち枝を手に取り見たけれど、肉眼では外托被の毛は全く見えない。そういえば、このきのこの写真持っていなかった。…もしかしたら、実体顕微鏡で撮れるかな?…そんなことを思いその枝の一部を持ち帰った。
まぁ…そこそこに撮れたかな…

このきのこに、初めて出会ったのは、もう15・6年前くらい。 ルーペで覗くと、外皮托の毛に水滴をいっぱいつけ、こんなに小さいのに、なんて綺麗なきのこなんだろうと思った。けれど、この仲間は似たようなのがいくつもあり、同定するのは難しいと聞いていた。
 絵合わせだけなら、シロヒナノチャワンタケで良いのだろう。
でも、似ている種 ってどんなのがあるんだろう・・・。
Lachnum clavigerum
Lachnum ciliare フトゲヒナノチャワンタケ(植物の葉に発生するみたい)
Lachnum impudicum
Lachnum apalum ハリミノヒナノチャワンタケ
Lachnum pudibundum
Lachnum fasciculare
Lachnum niveum(=Dasyscyphella nivea)
Lachnum nudipes  シロヒナノチャワンタケモドキ
たぶん、まだまだあるのだろう。
検鏡図が載っているサイトがあったけれど
どこがどう違うのかさっぱり分からない。
そのうち、線画を描いてみようと思う。いつか分かる時が来るかもしれない。

------------------

追記



2018年4月9日月曜日

イタチタケという和名


 実はMycoBankで、Agaricus spadiceusをサーチしていてHokkaidoという文字が目に入った。今井三子先生が1938年に報告したHypholoma stipatumという種がタカネイタチタケのシノニムとされていた。

 現在、Hypholomaはクリタケ属の属名であるが、日本菌類誌を見ると、かつてはHypholomaはヒトヨタケ科に属するイタチタケ亜属だったようだ。
 そして、北海道帝国大学農学部紀要43巻P280を見ると、Hypholoma stipatumの記載があり、そこにJap. nameとして、Itachi-take(KAWAMURA)と出ていた。

 川村図鑑にすでに使われていた和名を、今井三子先生はなぜHypholoma stipatumに当てたのだろうか、と首を傾げた。

 川村図鑑を見ると、川村博士は、Hypholoma appendiculatumにイタチタケという和名を当ている。
そして、 Hypholoma candolleanumにイタチタケモドキ、
(現在イタチタケの学名は、Psathyrella candolleana (Fr.) Maire

どういうことだろう・・・

下は川村図鑑のイタチタケ




憶測ではあるけれど
川村博士の記述と図から、「川村の言わんとしている種は H.appendiculatumじゃなく、これだよ」と報告(今井)したのが、H. stipatumだったのではないだろうか。その後、「いやいや、H. stipatumも別物で、川村が言わんとしていたのは、イタチタケモドキH. candolleanumのことだったんだよ」、そんなこんなで川村博士の言わんとするイタチタケにH. candolleanumという学名が当てられた…。そう考えると何となく辻褄が合っている気がする。
  普通、H.appendiculatumという種にイタチタケという和名が最初に当てたなら、H. candolleanumはイタチタケモドキとされるところ、川村博士がイタチタケとした種の学名の掛け違えの訂正があった…(のではないだろうか)。

 では、川村博士が最初にイタチタケとした種の学名は、どんな種なのだろう。
H. appendiculatumは、現在、Psathyrella piluliformis (Bull.) P.D. Ortonとなっている。

これは、実はムササビタケ。
そして、H. stipatumの現在の学名はPsathyrella spadicea (Schaeff.) Sing.。
タカネイタチタケだった。
 Agaricus spadiceusをサーチしていて、
平凡なイタチタケにも、ムササビタケの学名が当てられたり、タカネイタチタケの学名が当てられたり、ちょっとした過去の物語があったのかな?と思った。
 

2018年4月7日土曜日

Homophron

 Psathyrella (ナヨタケ)属をネット検索していて、何気にHomophronという属名が目に入った。どう見てもPsathyrellaじゃないの?と思って、Homophronの属名のきのこを見ていると、どうもシスチジアに結晶を持つ種らしい。シスチジアに結晶のある種といえば、すぐさまタカネイタチタケを思い出した。2年前に偶然タカネイタチタケを採取する機会があり、きのこメモに掲載していた。
下は 2016年9月14日に掲載の写真。


  タカネイタチタケの学名は、Psathyrella spadicea 。
MycoBankで、その学名を調べてみると、
Homophron spadiceum (P. Kumm.) Örstadius & E. Larss.

やはり、Homophronに変わっていた。かつて亜属に使われていた名前らしく、詳しくは分からないが、Homophronが属として格上げ(2015)になったのだと思われる。
 Homophronに幾つの種が属し、どの種が基準種なのか情報が得られず分からないが、もしかしたらタカネイタチタケ属なんてこともあり得るかも…。

追記(/8訂正)
 シスチジアが厚膜で結晶を付着するものが、この属の特徴かもしれないと思ったが
ヒカゲイタチタケも厚膜で結晶を付着している。しかし、こちらは、Psathyrella olympiana A.H. Smで学名に変動がない。Homophron、その属の特徴が何であるのか、今のところ分からない。
 Homophron属に含まれる種は下記の3種4種らしい。

Homophron camptopodum, Homophron cernuum, Homophron spadiceum(タカネイタチタケ)、Homophron particularis基準種はいずれなのか分からないけれど、タカネイタチタケのみ国内既知種なので、属和名はタカネイタチタケ属ということになるんだろうな…。MycoBankをよく見ると、HomophronのType nameはAgaricus spadiceus(=Homophron spadiceum)、タカネイタチタケ属で良いのだろうと思われる。
  (Kさん、メールでお知らせくださり、ありがとうございます
メモ
http://www.amfb.eu/Myco/Psathyrelles/Pages/Homophron-sarcocephala.html
しばしば H.sarcocephalaの学名が出てくるが
この学名は、MycoBankおよびIndexFungorumでも登録されていない。

http://www.vielepilze.de/selten/newgen/homophron/cernua/sumcernua.html

2018年4月4日水曜日

ベニウスタケ似のHygrocybe?

2012年撮影

当時パッと見、Hygrocybeだろう、Hygrocybeにこんなヒダを持つ種があるのかな?と思っていた。その後、ベニウスタケCantharellus cinnabarinusの可能性もあると思い始めたが、ヒダの垂生は短く、傘はロート状と言えず、柄の質感はHygrocybe、やはりHygrocybeなのかと、いまだに判断できずにいる。

2018年4月2日月曜日

ニシキイグチ?

下の写真は2005年に撮っていたもの

若干の青変性があったように思うのだけど、もう、だいぶ前のことで、どんな特徴だったのか記憶も曖昧。最近になり、ニシキイグチではないかな…と思いながら、絶対そうとも言えず歯がゆい。
 これは樽前ガローで観察会があった時のもので、その時に上の写真の他、ドクヤマドリや ビロードコウジタケなど興味を引くきのこが見られた。もう一度行ってみたいと思いながら、現地はかなり奥に入り込んだところで、熊の出没場所。一人ではとても怖くて行けそうにない…。怖くない場所で、もう一度出会えると良いのだけど…。
 

2018年4月1日日曜日

Ramaria

 Ramaria(ホウキタケ属)はサッパリ分からない。分からないんだけど気になってチョコチョコ写真を撮ったりしている。過去の写真を眺めていて、「これ、どうも似ているような気がする」と2枚の写真をトリミングしてみた。
2010年8月撮影
 2010年9月撮影
似ていると思ったのは、青森県産きのこ図鑑に掲載されているカメノテホウキタケ(Ramaria cf. eumorpha)。
先端はぼんやりであるが青味を帯びている。絵合わせで確証はないけれど、たぶん、カメノテホウキタケだと思う。違うだろうか?

2018年3月31日土曜日

カバイロツルタケ

たぶん、下の2枚の画像はカバイロツルタケ(Amanita fulva )で良いのだろうと思われる。

ズーリーヤン先生先生の図鑑を見ると、傘頂部(中心部)が濃色になっているものがAmanita orientifulva とされ、下の画像が該当するのではないかと思う(不確実だけど)。

では、下の寄せ集めた画像はどうだろうか…。


カバイロツルタケに似た種で、Amanita croseaがあり、上の画像中にそれがあるのかどうか分からない。ただ、おそらく国内にもあるだろうと思われながらも、今までカバイロツルタケで一括りにしてきた。カバイロツルタケにも数種混在しているのではないだろうか。素人の自分には見過ごすことしかできない現状だけど、頭の片隅で気になっている。

タマゴタケ

 タマゴタケの学名は、かつて使われていたAmanita hemibaphaから、現在Amanita caesareoides となっている。それ以前はAmanita caesareaであったが、現在はセイヨウタマゴタケの学名になっている。
  聞きかじりであるが、日本からA. caesareaは見つかっていないとされ、日本にあるのはA. caesareoides だと…、現在どうなのであろうか…?

 昨年、 ズーリーヤン先生著の[Atlas of the Chinese Species of Amanitaceae] を手にした。タマゴタケやこれまで疑問だったカバイロツルタケなども少しは分かるのではないかと(昨年)購入した。
 これまで撮っていたタマゴタケの写真を集めてみた。
たぶん、傘が真っ赤で柄に明瞭なダンダラがあるもの(hとi)は、A. caesareoidesで良いのだと思う。傘色が赤ではなくオレンジ色でダンダラがないかまたは不明瞭なa・b・cもA. caesareoidesなのだろうか?
 ズーリーヤン先生の図鑑を見ると、l(小文字エル)はA. hemibaphaとよく似ているが、傘頂部に小丘を呈しており、ズーリーヤン先生はSP種としているようだ。
 写真を並べてみたけれど、結局のところ分子解析まで持ち込めないアマチュアにとって外見で判断は出来ないということだろうか…。






2018年3月30日金曜日

ハチノスタケ

 ハチノスタケは、山桑の腐朽した落ち枝などに、よく見られるという。下の写真も山桑樹下にあった枝から発生していたもので、ハチノスタケで間違いないのだと思う。
これまで、針葉樹に出る白っぽいものもハチノスタケだと思っていたが、果たして同種なのだろうかと、実は数年前から見掛けるたびに引っ掛かっていた。下の写真はアカエゾマツの落ち枝から発生していたもの。

  見比べてみると、傘表面の鱗片形態も違っていて、ハチノスタケとは別種のように思えて来た。ネット検索してみると、一番近いのがPolyporus philippinensisか…う~ん?。

Peziza subisabellina

 藻岩山で1回、利根別原生林で1回、野幌森林公園で2回ほど 見かけたことがあり、長い間、種名の分からなかったチャワンタケ。やっと(偶然に)、種名が分かった。
 Peziza subisabellina



6月頃しか見られないきのこで、広葉樹の腐朽倒木にしばしば群生していることがある。表面はワインカラーのビロード状でとても綺麗なきのこ(老成するとビロード状ではなくなる)。
http://waarnemingen.paddestoelenkartering.nl/subpages/foto_Pezsub16_1.html

いよいよ…春

今年の冬は、昨年より降雪量が多く
積雪ゼロ宣言が出されるのは、4月に入ってからだろうと思っていた。
しかし、札幌市で昨日積雪ゼロ宣言が出された。全ての雪がゼロになったのではなく、道路脇や空き地に山と積まれた雪や建物の陰になり日の当たらない場所にはまだまだ雪が残っている。
 因果関係はないかもしれないが、昨年の冬は 、降雪量が少なくきのこの発生は非常に悪かった。一昨年まで3年続きの大雪だった時には、「また、雪?」と降り積もる雪にうんざりもした。しかし、私の中で何となく、雪の少ない年は、キノコの出が悪い、そんなジンクスめいたものがあって、雪害に見舞われた地域の人には申し訳ないが、今年だけはうんざりするよりも、降り積もる雪にどこかホッとしたものがあった。
 
 いよいよ春なのだと実感できる近頃、桜開花前線は東北まで来ただろうか。我が住む辺りは、後1ヵ月。今年のきのこ発生はどうであろうか。
 
 下は、毎年出会いたいと思いながら、出会えないきのこの一つ。
 
 9年前に見かけ写真を撮っていたが、その時はAgaricusだろうとあまり気にも留めていなかった。それから3~4年したある時、Psathyrellaを検索していて「ん?」と目を引いたきのこがあった。Psathyrella caput-medusaeによく似ている。見間違いかもしれないがPsathyrella の可能性があると思っている。
もう一つ、似ているものにPsathyrella cotoneaがある。
 もう一度、出会ったら、今度はきちんと顕微鏡で覗き、Psathyrellaかどうか確かめたいと思いながら、その後1度も出会えていない。
 これまで「もう一度出会いたい」と思うきのこは幾つもあって、今年はそのどれかに出会える年であってほしい。