2018年3月30日金曜日

いよいよ…春

今年の冬は、昨年より降雪量が多く
積雪ゼロ宣言が出されるのは、4月に入ってからだろうと思っていた。
しかし、札幌市で昨日積雪ゼロ宣言が出された。全ての雪がゼロになったのではなく、道路脇や空き地に山と積まれた雪や建物の陰になり日の当たらない場所にはまだまだ雪が残っている。
 因果関係はないかもしれないが、昨年の冬は 、降雪量が少なくきのこの発生は非常に悪かった。一昨年まで3年続きの大雪だった時には、「また、雪?」と降り積もる雪にうんざりもした。しかし、私の中で何となく、雪の少ない年は、キノコの出が悪い、そんなジンクスめいたものがあって、雪害に見舞われた地域の人には申し訳ないが、今年だけはうんざりするよりも、降り積もる雪にどこかホッとしたものがあった。
 
 いよいよ春なのだと実感できる近頃、桜開花前線は東北まで来ただろうか。我が住む辺りは、後1ヵ月。今年のきのこ発生はどうであろうか。
 
 下は、毎年出会いたいと思いながら、出会えないきのこの一つ。
 
 9年前に見かけ写真を撮っていたが、その時はAgaricusだろうとあまり気にも留めていなかった。それから3~4年したある時、Psathyrellaを検索していて「ん?」と目を引いたきのこがあった。Psathyrella caput-medusaeによく似ている。見間違いかもしれないがPsathyrella の可能性があると思っている。
もう一つ、似ているものにPsathyrella cotoneaがある。
 もう一度、出会ったら、今度はきちんと顕微鏡で覗き、Psathyrellaかどうか確かめたいと思いながら、その後1度も出会えていない。
 これまで「もう一度出会いたい」と思うきのこは幾つもあって、今年はそのどれかに出会える年であってほしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿