2018年3月30日金曜日

ハチノスタケ

 ハチノスタケは、山桑の腐朽した落ち枝などに、よく見られるという。下の写真も山桑樹下にあった枝から発生していたもので、ハチノスタケで間違いないのだと思う。
これまで、針葉樹に出る白っぽいものもハチノスタケだと思っていたが、果たして同種なのだろうかと、実は数年前から見掛けるたびに引っ掛かっていた。下の写真はアカエゾマツの落ち枝から発生していたもの。

  見比べてみると、傘表面の鱗片形態も違っていて、ハチノスタケとは別種のように思えて来た。ネット検索してみると、一番近いのがPolyporus philippinensisか…う~ん?。

0 件のコメント:

コメントを投稿