2018年6月15日金曜日

クリソシスチジアではない

 昨日のM公園のサケツバタケの幼菌(写真なし)、半分に割るとヒダが薄紫灰色になっていたのでチョコッと顕微鏡で覗いてみた。

こん棒形や嚢状のシスチジアは多数見られ、突起のあるシスチジアだけではない。KOHでもアンモニアでも探してみたけれど変色しているものはなかった。アンモニアでマウントしたもので一部褐色になっているけれど、これは組織の向こう側にくっついている胞子がぼんやりと褐色に写っているだけ。やはり、サケツバタケのシスチジアがクリソシスチジアとするには疑問。
 それとも、サケツバタケと思っていた種が、サケツバタケではない、そんな可能性もあるのかな・・・?

 下は同地域で昨年撮ったサケツバタケの写真。


2018年6月14日木曜日

キオキナタケ?

 きょうも肌寒い一日だった。3日ぶりに晴れ間が見えたので、もしかしたらサケツバタケが出ているかもしれないと、M公園に行ってみた。車から降りると風が強く、体感温度は低く、ただただ寒かった。ここ数日暖房を入れたが、6月に入って暖房を入れたという記憶は無く、今年は特別寒いのではないだろうか。石北峠では雪が降ったという話も聞かれた。明日辺りから、やっと少しづつ暖かくなるみたい・・・。
 M公園で、サケツバタケは小さな幼菌1本だけだった。それと、シワナシキオキナタケではないよな・・・何だろうと思うきのこに出会った。


 キオキナタケかな・・・?

2018年6月12日火曜日

サケツバタケ類似種

 6月に入って間もなく、M公園のウッドチップ散策路を歩いてみた。フミズキタケが出ていていたので、もしかしたらあのサケツバタケ似のきのこも出ているんじゃないかと探してみた。1個だけ出ていた(たぶん中旬頃にはもっと出ていると思う)。

家に帰って来てから、Stropharia rugosoannulata f. lutea で検索し、ヒダ縁の一部を切り取り、検鏡してみた(6月4日)。
 Stropharia rugosoannulata f. lutea で検索し、
 http://www.ambmuggia.it/forum/topic/5527-stropharia-rugosoannulata-f-lutea/
を見ると、やはりキサケツバタケなんだろうか・・・と少しがっかりして、胞子紋を取り、子実体を放っておいた。
 そのうち子実体は自然乾燥していた。

 今日は雨降りで、行く当てもなく、ふと原色日本新菌類図鑑(Ⅰp193)を読んでみた。サケツバタケの記載には「縁および側(ともにクリソシスチジア)はこん棒形で頂端には1個の小突起をそなえ…」とある。この時、キサケツバタケがサケツバタケの変異種とされているなら、なぜ嚢状の縁シスチジアのことが書かれていないのだろう…と思った。それに、クリソシスチジア?…フロキシンBで染めているといってもKOHでマウントしているなら、分かるはずだ。フロキシンで染めず、KOH(6%)のみで見てみた。その後アンモニア水(28%)でも見てみた。
  やはり、クリソシスチジアではない。
それとも、私のやり方が間違っているのだろうか?

 スイスの菌類図鑑のサケツバタケを見てみると、シスチジアはKOHで色は変わらないと記載があり、「(クリソシスチジア?)」。と疑問符…。

サケツバタケって本当にクリソシスチジアなんだろうか?