2018年8月29日水曜日

チチタケ属のきのこ(L. trivialis ?)

上のきのこは、苫小牧市へ行った時に見つけたきのこ。現地ではもっと灰色っぽい色に見え、ヒダを傷つけても乳液を出さず、チチタケではないのかな?何だろうと思い写真に撮った。家に帰って来てから、再度ヒダを傷つけるとジワッと水分がにじみ出し、きのこ本体の水分が出てきているだけなのだろうか、実体鏡で覗いてみた。
 チチタケ属のきのこにはかなり疎く(どの属も疎い)、これは乳液と言えるのか、しばし思い悩んだ。写真を見ると、傘はどことなくピンク掛かっているようにも見える。ふと、ヌメリアカチチタケが頭をよぎり、ネット検索してみた。すると灰色っぽい幼菌の写真があり、ヌメリアカチチタケの幼菌は、こんな色合いのもあるのかな?、そう思いながら胞子は一応撮っておいた。

  今日になり、図鑑のヌメリアカチチタケの項目を見ると、乳液は白と書かれている。やはり、このきのこ、ヌメリアカチチタケじゃない。胞子を計測するとサイズも違っている。手持ちの図鑑では、該当する種が見つけられず、何というきのこなのか分からない。でも、すごいヌメリとプックリした担子器を持ち、このきのこ、何だか自己主張が強い。
--------------------
追加
傘表皮

 縁シスチジアと側シスチジア

胞子の合成写真
(乾燥標本からなので、組織から出た油球が背景に多量に写り、画像処理を施しています)
‐―――――――――――
再追記(2018/9/2)
もしかしたら、Lactarius trivialis かもしれない。
L. trivialisには、キハダチチタケという和名がある。