2018年9月19日水曜日

オオシワカラカサタケ

 以前、自分のフィールドの一つとしていた森が無くなってしまい、何気にその村へ行く楽しみが減っていた。昨日、たまたまその村を通り、ちょっと待てよ…と、そんな気分で少し引き返し、カメラを持たず針葉樹の植樹された森に入ってみた。そう広くはないのに、シモコシ(と思われるキノコ)やモミタケがあり、ウスキモリノカサやベニテングタケ、ベニタケの仲間があちこちに出ていた。そして、初めて見るきのこが、幾つも菌輪を作り発生していた。雰囲気がシワカラカサタケに似ていて、その時はシワカラカサモドキかな?と思い数本採取した。
傘はほぼ平滑でシワがない。
柄はツバから下が小粒状鱗片に被われている。
日本新菌類図鑑を見ると、シワカラカサモドキの傘表面は黄~黄土色の小粒に密におおわれると書かれている。弱アミロイド…それに胞子は類球形~広楕円形とある。傘は小粒状ではないし、どうも違うような気がする…一応胞子を覗いておいた方が良いかな?と検鏡してみることにした。
胞子は非アミロイド、形状も類球形~広楕円形ではない。記載では非アミロイドなのでヒメオニタケ節(現在はヒメオニタケ属)になる。オオシワカラカサタケがチャヒメオニタケの項で簡単に記載されていたが、胞子サイズなどは載っていない。Cystodermella japonicaでネット検索をしても検鏡図や記載が見つからず、どうしたものかと思っていたら、山渓の「日本のきのこ」p196にオオシワカラカサタケが載っていた。そこに胞子サイズが3.9~5×2.5~3.3μmとあった。概ね合致している。子実体の写真をみても「あぁ、これだね」と納得。北海道の図鑑類に掲載は無く、おそらく本州程普通にみかけるきのこではないような気がする。
 10月には、 どんなきのこが発生しているだろうか。来月もう一度行って見たいと、そんな風に思える森を見つけ、何だか嬉しいけれど、ちと遠いのが難点(片道2時間半)。

0 件のコメント:

コメントを投稿