2018年9月9日日曜日

近くの防風林

 余震への警戒のせいか、遠くへ出かける気になれず、近くの防風林へ行って見た。
 先日の台風21号の影響で、幾本もの大木が根こそぎ倒れていたり、結構太い枝があちらこちらで折れ、小枝が散乱していた。


 以前は歩けたのに行く手が阻まれたり、倒れ掛かった木があちこちにあり、安全ではなかった。かつて2004年のこと、支笏湖周辺の森が台風により(千歳市と苫小牧市合わせて約1万ヘクタール)あちらこちらで木がなぎ倒され、目の前にあったはずの森が消えていたことがあった。大きな被害となったのは、火山灰の弱い地盤だったことが原因だったらしい。支笏湖周辺は大丈夫だっただろうか…。今回の台風は、西日本に大きな爪痕を残し今も停電している地域がある。重なる大雨に警報が出ていて、西も北も大変だ…。

 別な防風林へ行くと、やはり根こそぎ倒れている木があったが、防風林に入るなりナラタケの姿がいくつも見えた。少し奥に入ると、ナラタケが群生していた。
ホテイナラタケ?
 クサウラベニタケと思われるイッポンシメジ属のきのこも群生していた。
 下はエゾノビロードツエタケ

最初は採取するつもりは無かったけれど、あまりにも出ているナラタケを見ていると、やはり保存食は必要だよね・・・と、辺りを見回しながらナラタケを採取した。去年まで毎年、エリマキツチグリがあちこちで群生していたのに、今年は1個も出ていない。前回来た時は確かに幼菌を見掛けたはずなのに、なぜか消えている。他にキイロウラベニガサ、フチドリベニヒダタケ、ザラツキウラベニガサが出ていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿