2019年7月13日土曜日

ウスツトマヤタケ?

 アセタケ属は苦手意識が強く、これまでまともに検鏡したこともなかった。でも、いつかはちゃんと見なくっちゃと気になっていた。7月2日に虻田方面へ行った時、アセタケ属だなぁと見掛けたものの横目で見て一旦通り過ぎた。しかし、やはり気になって引き返し持ち帰ることにした。家に帰って来てから写真を撮り、乾燥させた。

 このところ、しばらく雨が降らず、出かける気になれず、乾燥標本にしていたアセタケを出し、ヒダの一部をピンセットでつまみ顕微鏡で覗いてみた(2~3日前のこと)。
殆どの厚膜シスチジアに結晶が付いている。
 担子胞子は、計測可能なものだけコピペし1枚の画像にした。
サイズは、(7.8) 8.9-11.0 ( 12.6)×(4.9)5.2-5.9(6.4)μm.n=50 Q:1.4-2.2 (Ave.1.8)
面倒だけれども、線画を描くことにした。
胞子以外、各部位の計測はまだやっていない。
シスチジアに結晶があり、柄シスチジアは縁や側とほぼ同形。
スイスの菌類図鑑を見て、Inocybe maculipesかInocybe nitidiusculaあたりだろうと目星をつけていたけれど、柄シスチジアは縁や側と同じ結晶のあるシスチジアがあることから、どうやらInocybe nitidiuscula(ウスツトマヤタケ)の方かもしれない。縁シスチジアに飛びぬけてデカイのがあって(目測で100μmくらい)、ウスツトマヤタケとするには今一つ自信がない。違うかもしれないけどウスツトマヤタケかまたは類似種としておいて良いのかな?…と思う。やはり、違うように思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿