2019年11月1日金曜日

昨日、

 今年はこれが最後になるだろうかと思いながら、ダイダイフチドリクヌギタケを何とか探し出したくて羊蹄方面に出かけて来た。あいにくの雨で、羊蹄山は雲に隠れていた。アカエゾマツ林を中心に探してみたけれど、クヌギタケ属の発生は悪く見つけることは出来なかった。
 10月11日にMの森で タマムクエタケを見つけ、もしかしたら菌核を見つけられるかもとMの森へ行きウッドチップを探してみた。あちこちでツチスギタケ?のようなPholiotaが群生していた。             Pholiota   

サケツバタケがまだ頑張っていて数本確認できた。驚いたことにフミヅキタケがまだ群生中。たぶんこの辺り(里)も初雪はまだだろうけど10月下旬頃霜がおりたのではないかと思う。寒さのせいか傘色は少し違って見え濃いけれど…こんなに寒くなっても出るの?                    フミヅキタケ

少し歩くと、何やら、黒っぽいフンのようなものがウッドチップの間から見え、えっもしかして菌核?と思うものがあった。よく見ると子実体を出しているものがあり掘ってみた。やはり菌核で子実体の雰囲気は前回見たものと違うが、まぎれもなくタマムクエタケだ。

菌核は2㎝を超えるものがあって、タマムクエタケの菌核ってこんなに大きくなるの?であった。それに、結構あちこちに出ていて、私は今年初めて見たのだけど凡分布種というか普通種というか、そんなきのこだったんだと思わされた。
 
それと何であろうか、ヒダが黒っぽく、ヒメシバフタケ属?の仲間のきのこであろうか?

 何だろうと持ち帰えり胞子を見てみた。
 何だかよく分からず、怪しいきのこだったらマズイよなと調べるのをやめ捨てた。

0 件のコメント:

コメントを投稿