2020年1月23日木曜日

コブミノカヤタケとヒイロイヌシメジ②

 昨年の6月15日記「コブミノカヤタケとヒイロイヌシメジ」どうもスッキリしなくて 、まるでもつれた糸のよう…。
 これって、一番最初の元になった学名の現行名を調べるとハッキリするんじゃないかと余分なシノニムを省いてみた(下の表)。

ヒイロイヌシメジの原記載学名はAgaricus gilvus Pers.
 MycoBank:現行名 Lepista flaccida (Sowerby) Pat.
 IndexFungorum:現行名 Paralepista gilva (Pers.) Raithelh.

コブミノカヤタケの原記載学名はAgaricus inversus Scop.
 MycoBank:現行名 Lepista flaccida (Sowerby) Pat.
 IndexFungorum:現行名 Paralepista flaccida (Sowerby) Vizzini

 このことから、分かったのはMycoBankでは、両種を同種としていて、ParalepistaではなくLepistaとし、IndexFungorumではParalepistaを採用している。
 IndexFungorumの ヒイロイヌシメジのシノニムAgaricus gilvus Pers.とMycoBankのヒイロイヌシメジのシノニムAgaricus gilvus Pers.は同種。つまり、現行名は同種異名ということなんだと思う。
 きっと、「一つの種には世界共通の一つの学名」とは言っても、研究者が誰の提唱を支持するかでこのように学名が変わってくる・・・ということだろうか。

ヒイロイヌシメジ及びコブミノカヤタケの和名は村田義一 いずれも1979年

0 件のコメント:

コメントを投稿