2020年3月24日火曜日

春を探しに

 朝、カーテンを開けると青空が広がっていて、陽が昇れば暖かな1日になるかな?と思った。それで今日は出かけてみようと思っていたが、時間が経つにつれ時々陽が差すものの雪や霰が降ったり。
 お昼過ぎ、寒くないようズボン下を履き、おにぎりを持って出かけてみた。
 石狩川の堤防から
 写真だけを見れば、お天気はとても良さそうに見える。
でも、反対側には鉛色の雲が広がり雪か霰が集中的に降っている。
写真の手前は、秋撒き小麦畑で、昨年のうちに芽を出し枯れることなく春を待っていた。
この辺では、石狩川は風の通り道と言われ
川を挟んで天気が全然違うと言われている。
 
堤防には、あちこちでフキノトウが出ていた。
 
帰り道、防風林にどれくらい雪が残っているのか見に行った。
ベニチャワンタケが見られるかも…と思ったけれど
とんでもなく霰が降り出してきた。
退散 - -;
 

0 件のコメント:

コメントを投稿